電気脱毛の流れ


電気脱毛は、特殊な針を毛穴1つ1つに刺し、そこから電流を流し、毛根を破壊するという脱毛方法です。
針を刺すときに痛みを感じることがあるので、痛みに弱い人は、クリニックで施術を受けるときは麻酔を打ってもらうことができます。
また、毛穴1つ1つに対して施術を行うので、施術に時間がかかります。
痛みがあり時間もかかりますが、他の脱毛に比べると仕上がりが美しいと言われています。
この脱毛は、ニードル脱毛とも呼ばれています。

 

 

ニードル脱毛の流れはどうなっているのでしょうか。
ニードル脱毛を受けるときは、まず施術の前にカウンセリングが行われます。
カウンセリングで施術内容や注意点などの説明があります。
そして、ニードル脱毛は痛みを伴う脱毛なので、施術の体験を受けることができます。
体験で痛みに我慢ができず施術を断念する人もいるようです。

本08

 

体験で問題がない場合は、施術に入ります。
施術の前は、皮膚の消毒や冷却などが行われます。
冷却をすると痛みが軽減すると言われています。
施術は、毛穴の1つ1つに針を刺し電流を流します。
施術の後は、再び幹部を冷却します。
赤みが出る場合もありますが、すぐに元に戻ることがほとんどです。
施術後は、保湿を十分にしてケアを行うことが重要です。

 

コメントは受け付けていません。