脱毛後のアフターケアがとにかく重要


最近はエステや医療機関以外に自宅でも光脱毛が出来るようになりましたが、自宅での脱毛は肌トラブルも起こりかねません。
そのために、施術後に有効なしっかりとした肌ケアをする必要があります。
ここでは脱毛後のアフターケアについてしっかりとした知識をご紹介いたします。

 
皆さんも脱毛エステへ行かれたことがあればお分かりかと思いますが、施術時には冷却ジェルを肌に塗り、施術後には必ず冷却処理と保湿剤を塗りますよね?

 
脱毛をする際にはこの行為が非常に大切です。
まず、施術中の冷却ジェルは保湿効果と熱から肌を守る効果がありやけどなどの肌トラブルを防止重要なポイントです。
さらに施術後になぜ肌を冷やす必要があるかというと、脱毛直後の肌は熱がこもった状態のためかゆみや炎症に繋がります。
そのような肌トラブルを防ぐために施術後のしっかりと肌を冷やすことが必要となります。
更に施術後の肌は強い熱によって肌の水分が奪われるため乾燥の原因となりますので、更なる肌トラブルに繋がる可能性があるためしっかりとした保湿ケアが重要になってきます。

 
施術前にも肌が乾燥している状態で脱毛を施すとやけどなどの肌トラブルにも繋がるため常日頃から乾燥から肌を守ることも重要です。

 

電気針の仕組み


電気針脱毛とは、毛穴にニードルという針を差し込んで電気を流して毛母細胞を破壊させる脱毛方法で、光脱毛やレーザー脱毛が一般的になる前までは永久脱毛と言えば、この脱毛方法しかありませんでした。

 

 

ニードル脱毛はレーザー脱毛やフラッシュ脱毛などとは違い、毛が生えている状態でないと、ニードルを差し込む毛穴の位置がわかりにくいため、少し毛を生やした状態で行います。針を毛穴に刺し、10秒から20秒ほど電気を流すことで、毛根を電気が発する熱によってダメージを与えて、毛が再生しないように毛の再生組織を破壊することで毛を無くす仕組みです。これを繰り返し、毛穴すべてに行います。毛穴に針を刺す時にチクッとした痛みが、電気を流す際は大きな痛みを感じるため、痛みに耐えられない人も少なくありません。医療機関であれば、痛みを軽減するクリームなどを使用することができますが、エステサロンでは痛みを軽減することはできません。

 

 

ニードル脱毛は、一本ずつ確実に脱毛処理ができるため、処理すると毛根からの再生が起こりにくく、永久性も高いのです。また、一本ずつ処理できるため、間引いたり、部分的な脱毛も可能ですし、黒以外の毛でも毛質や色を選ぶことなく脱毛することができるのです。レーザー脱毛や光脱毛にように、肌が日焼けしていたり、肌の色が黒くても施術することができるので、肌トラブルが起こるリスクも少ないと言えます。

電気脱毛の流れ


電気脱毛は、特殊な針を毛穴1つ1つに刺し、そこから電流を流し、毛根を破壊するという脱毛方法です。
針を刺すときに痛みを感じることがあるので、痛みに弱い人は、クリニックで施術を受けるときは麻酔を打ってもらうことができます。
また、毛穴1つ1つに対して施術を行うので、施術に時間がかかります。
痛みがあり時間もかかりますが、他の脱毛に比べると仕上がりが美しいと言われています。
この脱毛は、ニードル脱毛とも呼ばれています。

 

 

ニードル脱毛の流れはどうなっているのでしょうか。
ニードル脱毛を受けるときは、まず施術の前にカウンセリングが行われます。
カウンセリングで施術内容や注意点などの説明があります。
そして、ニードル脱毛は痛みを伴う脱毛なので、施術の体験を受けることができます。
体験で痛みに我慢ができず施術を断念する人もいるようです。

本08

 

体験で問題がない場合は、施術に入ります。
施術の前は、皮膚の消毒や冷却などが行われます。
冷却をすると痛みが軽減すると言われています。
施術は、毛穴の1つ1つに針を刺し電流を流します。
施術の後は、再び幹部を冷却します。
赤みが出る場合もありますが、すぐに元に戻ることがほとんどです。
施術後は、保湿を十分にしてケアを行うことが重要です。

 

取り扱いサロンが少ない


電気脱毛は、毛穴の1つごとに電気を流すことで、毛根を破壊して脱毛していく方法です。
アメリカが発祥で、世界で一番歴史と伝統がある脱毛方法で、
身体への副作用もないことが分かっています。
1つ1つに施術をしていくので、仕上がりは確実で、施術後の肌はつるつるになります。

本07

 

しかし、一度にたくさんの毛を施術できないために時間がかかり、
術者の経験や技量によって仕上がりが異なるなど、時間や費用の兼ね合いで、取り扱いサロンが少ないです。

 

 

また、毛穴に差していくプローブと呼ばれる電気針を使いますが、
痛みが大きいというデメリットもあります。
レーザー脱毛や、フラッシュ脱毛は光を照射していくので、
一度に広い面積の脱毛をすることができます。
電気脱毛では、1つ1つの毛穴に対して施術を行いますので、
どうしても時間がかかってしまします。
そのために、腕や脚、背中のような広い範囲の脱毛には向きません。

 

 

毛穴に差したプローブから電気を流すので、
人によっては施術後に赤みがでたり、腫れてしまいこともあります。
電気脱毛を行う場合は、経験豊富な術者がいるところで、
きちんとアフターケアまでしっかりしてくれるところで行うことがお肌のために大切です。

とにかく痛い


脱毛方法の一つとして電気脱毛があります。本06

 
電気脱毛というのは毛穴に針を挿入し、そして電気を流して毛根を破壊するという脱毛方法になります。
直接毛根にダメージを与える事ができますので、効果的に毛根を破壊し、ムダ毛を処理する事ができます。
効果の高い脱毛方法という事もあり、確実に脱毛したい時に打って付けですが、ただ欠点もある脱毛方法になります。
一番の欠点として挙げられるのが痛いという事です。
まず、針を挿入する際にも痛みを感じてしまいますが、そこからさらに電気を流す事になります。
そして電気を流す時間は数秒ですのでその間は我慢しなければいけません。

 
中にはそういった痛みに耐える事ができず、他の脱毛方法にシフトしたという方もいらっしゃいます。
ただ、医療機関の場合は麻酔をしてもらう事ができますので、痛みを軽減する事も可能です。
しかしながらエステサロンの場合は麻酔を使う事はできませんので、どういった痛み対策をしているのかを確認した方が良いと言えます。
他にも電気脱毛は時間が掛かるのも欠点です。

 
一つ一つの毛穴にアプローチする事になりますので、時間が掛かってしまいますし、また手間が掛かる脱毛方法ですので費用も高く付きます。

電気脱毛の欠点


専門施設で受ける事ができる脱毛方法はいくつかありますが、その一つとして電気脱毛があります。本05
極細の針を毛穴に挿入し、電気を流すという脱毛方法ですが、直接的に毛根にアプローチする事ができますので、効果的に毛根を破壊する事ができます。
いくつかある脱毛方法の中でも特に効果が高い脱毛方法ですが、ただ、欠点もある施術になります。
どんな欠点があるのかと言いますと、まずは痛みが強い点です。
電気を流す事になりますので強い刺激を感じてしまいますし、人によって我慢できないというケースもあります。
医療機関の場合ですと麻酔をしてもらう事ができますので、比較的安心して受ける事ができますが、脱毛エステの場合ですと麻酔を利用できませんので痛みを我慢しなければいけません。
他にも欠点としては時間が掛かるという事です。
一つ一つの毛穴に針を挿入し、電気を流すという作業を繰り返す事になりますので、非常に根気のいる施術方法になります。
ワキなどの狭い範囲ならまだしも、広範囲の場合ですと相当な時間が掛かる事になります。
そして手間が掛かる脱毛方法という事もあり、費用が高く掛かるのも短所です。
その為、今では採用していない施設もあります。

必ずローションで冷却を!


電気脱毛のメリットは確実に脱毛することができるため、永久脱毛を保証しているサロンも多いのですが、その反面デメリットもあります。

 

それは、比較的痛いとされているレーザー脱毛以上に痛みを伴うことです。確実に脱毛できるのはうれしいのですが、施術の痛みに耐えられない方もいるようです。そのため、電気脱毛をする場合は、肌への負担がかなりあることが考えられるため、しっかりとアフターケアをする必要があります。特に大切なケアは処理した部分をしっかりと冷却することです。電気脱毛によって肌に熱がこもっているため、しっかりと冷やして落ち着かせる必要があります。ローションを塗ることによって、肌を冷やすことができるだけでなく、ヒアルロン酸といった美容成分が配合された商品もありますので、肌のケアにもおすすめです。また、冷やすことと同時に、なるべく脱毛処理当日は血行を促進させるようなこともしないようにしましょう。

 

たとえば、お風呂に入ることや、激しい運動をすること、またアルコールも控えた方がいいです。なるべく刺激を与えないようにすることがポイントで、ローションでしっかりケアした後は、一日安静にすることで、脱毛後の肌の仕上がりもきれいになります。

お風呂はシャワーにとどめて


電気脱毛は毛穴に針を刺して電気や高周波を流す方法で脱毛します。
そのため、脱毛を行った部分の肌は熱を持ってしまうことがあり、人によっては肌に赤みが出てしまったり、腫れてしまうことがあります。本04

 

 

そのため熱を冷ます必要があるので、お風呂は湯船には浸からずにしばらくはシャワーで済ますようにしましょう。電気脱毛を行った当日は特に冷たいシャワーや冷やしたタオルなどでケアをしてあげましょう。

 
電気脱毛後は肌の状態が弱っているため刺激は避けなければなりませんが、不衛生のままで放置してしまうと、バイキンなどにより炎症を起こしてしまう可能性もあります。しかし当日に石鹸で体(脱毛部分)を洗ってしまうと肌への刺激が強すぎてしまうため清潔にしたい気持ちはわかりますが、体は洗わずにシャワーをかける程度にする必要が出てきます。

 

 

当日の衛生面や日焼けを防がなければならない、炎症の恐れなどのデメリットもありますが、永久脱毛が保障されているため細かな部分のムダ毛までも完全に処理ができるメリットもあります。

 

 

他に注意する面と言えば、夏など暑い時期は制汗剤なども使用したくなりますが、脱毛後に使用すると毛穴を詰まらせてしまうなどと肌トラブルに繋がってしまう恐れもあるため制汗剤は控え、清潔を保ちたいのであればタオルなどで汗をこまめに拭くように心がけましょう。

 

電気脱毛のアフターケア


電気脱毛は、毛穴にニードル針や絶縁針を差し込み、高周波や低周波の電流を流すことで、毛母細胞にダメージを与えることができる脱毛法です。
レーザー脱毛が導入されるまでは、この脱毛法が主流になっていました。

 
レーザー脱毛に比べると、時間が掛かったり、多少の痛みを感じることがありますが、永久脱毛をしたい方に最適な方法です。
デリケートゾーンなどの色素沈着が目立つ部分でも、むだ毛の処理が出来るため、根強い人気があります。

 
丁寧なカウンセリングを受けることが出来るので、痛みの程度を体験したり、パッチテストなどを受けることができます。
脱毛をする時は、冷却をしたり、消毒をしてもらうことが出来るので、お肌の敏感な方でも安心することができます。
脱毛の施術が終わった後は、冷却などのクールダウンをしてもらうことができますし、基礎化粧品を使ってアフターケアを丁寧に行ってもらうことができます。

 
絶縁針やニードル針は、特殊なコーティングをしてあるため、安全性が高いのが特徴になっています。
非常に効果の高い脱毛法で、脱毛後の仕上がりが美しいのが特徴になっています。
自宅に帰った後は、施術を受けた日はシャワーだけにして、きちんと保湿をしておきましょう。